2020年10月16日

建設用高所掘削機を改良し造林・育林用“無人化”機械開発


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News 

岐阜県は、建設現場で使われている高所無人掘削機を造林・育林作業用に改良して実用化する技術開発事業をスタートさせた。建設業界ではワイヤーで吊り下げた機械をオペレーターが遠隔操作して作業を行う「セイフティークライマー工法」が普及している。この工法を林業現場にも適用できれば、大幅な省力化と労働安全性の向上につながると期待されている。→詳しくは、「林政ニュース」第638号(10月7日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第638号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ