2019年12月13日

所有者不明森林を「手入れすべき」が9割、8年ぶり世論調査


11:30 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,統計・調査 

内閣府は、8年ぶりに行った「森林と生活に関する世論調査」の結果を11月29日に発表した。新たに所有者不明森林の取り扱いに関して聞いたところ、間伐など何らかの手入れを行うべきとの意見が9割に上った。農山村への定住や森林ボランティアへの参加については、年代によって意向が分かれた。→詳しくは、「林政ニュース」第618号(12月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第618号は、Amazon(アマゾン)でも買えます
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ