2019年11月26日

所有者不明森林対策で固定資産税情報の活用を検討


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,法律・制度・予算 

政府の地方分権改革有識者会議がまとめた対応方針の中で、所在が不明な森林の所有者を調べやすくするため、「固定資産税情報の内部利用を可能とする見直し」が重点課題に位置づけられた。高知県や福井市など12自治体からの提案を受け、規制緩和について検討する。→詳しくは、「林政ニュース」第617号(11月20日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第617号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ