2016年2月26日

新国立競技場に木の椅子を、自民党が決議・要請


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通,木育 

自民党の東京五輪関連部会は2月25日、「新国立競技場における木椅子の導入に関する申し入れ」をまとめ、関係機関等に対して要請活動を行った。観客席がプラスチック製の椅子では「画竜点睛を欠く」と断じ、木製にすることで「木育」にも資するとして、実現を求めている。。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第528号、3月9日発行)でお伝えします。


1件のコメント »

  1. 「点晴」は「点睛」の誤り。「睛」は、瞳の意。

    コメント by 平田經倫 — 2016年2月27日 @ 9:47 AM

コメントする

ページの上端へ