2020年8月24日

木曽・上松・大桑の3町村が役場庁舎を木造・木質化


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News 

長野県木曽川流域(信州木曽谷)の木曽町、上松町、大桑村が地場産材を活用した役場庁舎の建設を進めている。全国的に公共施設を木造・木質化する事例が増えてきているが、林業の盛んな流域の3町村が相次いで“木の役場”を新設するケースは珍しい。→詳しくは、「林政ニュース」第634号(8月5日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第634号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ