2016年9月27日

木材自給率が33.3%に上昇も総需要量は0.7%減


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,統計・調査 

最新データとなる平成27年の木材自給率が9月27日に発表され、前年より2.1ポイントアップの33.3%に上昇した。ただし、同年の木材総需要量は前年比マイナス0.7%の7,530万m3に縮小。木質バイオマス発電向け燃料材需要の急増と外材の輸入減が続く中で、相対的に自給率が高まる構図となっている。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第542号、10月12日発行)でお伝えします。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ