2016年3月3日

木材自給率50%達成は5年先送り、「燃料材」を追加


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,法律・制度・予算 

林野庁は、新しい「森林・林業基本計画」に盛り込む国産材利用量の目標値を決めた。現行計画(「林政ニュース」第413号参照)では、平成32年に木材自給率が50%にまで高まるとしていたが、5年先送りして平成37年での達成を目指すことにした。また、現行計画にはない「燃料材」の区分を新設した。→詳しくは、「林政ニュース」第527号(2月24日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ