2017年3月9日

木材輸出額が4%増と続伸もフィリピン工場の火災に懸念


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,海外,統計・調査 

昨年(平成28年)の木材輸出額が前年より4%増えて238億2,700万円になった。伸び率は鈍化したが、依然として増加基調をキープ。ただし、輸出増の牽引役であるフィリピンで、(株)一条工務店の関連工場に火災事故が発生し、今後の懸念材料になっている。→詳しくは、「林政ニュース」第552号(3月8日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ