2019年9月19日

木質ペレットの自給率が11.0%にダウン、輸入量が大幅増


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木質バイオマス,統計・調査 

木質ペレット(木質粒状燃料)の自給率が下がり続けている。林野庁の生産動向調査によると、2018年の国産木質ペレットの生産量は対前年比3.8%の増13.1万トン。これに対し、輸入ペレット量は同109.0%増の106.6万トンと大きく伸び、自給率は前年の20.0%から11.0%に低下した。→詳しくは、「林政ニュース」第612号(9月11日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ