2017年11月29日

木質外被研究開発プラットフォームが12月22日に松本市でシンポジウム


木質外被研究開発プラットフォームは、12月22日(金)午後1時30分から長野県松本市の松本合同庁舎でシンポジウムを開催する。群馬大学大学院理工学府分子化学部門助教の橘熊野氏が講演し、木材のカスケード利用を進める方法などを考える。→詳しくは、こちらを参照。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ