2020年6月30日

東信木材センターの2019年度素材取扱量は15万m3


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

長野県小諸市の東信木材センター協同組合連合会は、5月28日の第35回通常総会で昨年度(2019年度)の事業実績などを報告した。カラマツなどの素材取扱量は15万m3、取扱高は19億5,000万円で、過去最高を記録した前年度(2018年度)の17万m3、21億円には届かなかったが、依然として甲信越地域では群を抜く事業規模を維持している。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第630号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ