2011年7月21日

森の合板工場が計画を上回る110%生産を継続


国内初の内陸型合板製造拠点である「森の合板工場」(岐阜県中津川市、「林政ニュース」第410号参照)が計画量を上回るフル操業を続けている。東日本大震災の発生を受けて本格稼働を4月に前倒しし、6月の生産量は計画量の110%を達成、7月も同水準になる見通しだ。→詳しくは、「林政ニュース」第417号(7月20日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ