2012年4月26日

横手市の「秋田スギニカ」が事業継続断念、自己破産へ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,事件・訴訟,木材加工・製材 

秋田県横手市の秋田県南木材高度加工協同組合(田畑昭男理事長、通称「秋田スギニカ」)が自己破産申請の手続きに入った。同組合は、国・県・市からの補助金を受けて平成17年に集成材工場の操業を始めたが、業績が低迷。一時は、プレカット大手であるテクノウッドワークス(栃木県鹿沼市、「林政ニュース」第372号参照)も支援に乗り出すなどテコ入れを図ったが、黒字転換はできず、事業の継続を断念することにした。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ