2010年9月2日

外国資本の森林買収をチェック、北海道が課長クラスの新組織設置


11:00 AM 更新 カテゴリ: 海外 

北海道は、外国の企業などによる森林の買収に対応するため、「水資源関係幹事会」を庁内組織として発足させた。土地・水対策連絡協議会の下部組織として設置したもので、メンバーは総合政策部・環境生活部・経済部・農政部・水産林務部・建設部・企業局の課長13人。ワーキングチームを設置して、実態把握に努める方針。→詳しくは、林政ニュース」第395号(8月23日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ