2014年6月13日

海岸防災林の再生へ、岩沼市で実証試験がスタート


東日本大震災で被災した海岸防災林を再生させるため、東北森林管理局と仙台森林管理署は、宮城県岩沼市で植栽樹種や植栽方法などに関する実証試験をスタートさせた。5月25日には、同市寺島地内で「海岸防災林再生植樹式」を開催、地元住民ら約100人が参加し、クロマツやタブノキなどを植え付けた。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ