2011年7月27日

狩猟と環境を考える円卓会議が「価値観の変革」を提言


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,災害・森林被害,生物多様性保全 

環境省の「狩猟と環境を考える円卓会議」(座長=梶光一・東京農工大学教授、「林政ニュース」第401号参照)が検討成果を提言書にまとめた。シカ、イノシシ、サルなどの大型獣の増加と狩猟者(ハンター)の激減は危機的状況にあるとし、駆除や個体数調整を行う体制の強化や、捕獲した野生動物を食材として日常の食生活に取り入れる「価値観の変革」が必要とした。→詳しくは、「林政ニュース」第417号(7月20日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ