2011年8月18日

福島県内で屋外放置のおが粉・原木、薪・木炭は使用自粛


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,東日本大震災・放射能汚染 

林野庁は、福島県内で原発事故後に屋外に置かれていたきのこ生産用のおが粉ときのこ原木(ほだ木を含む)及び調理加熱用の薪・木炭について、譲渡や利用を自粛するよう8月12日付けで同県に対して要請した。今後、放射線量等を調べ、安全性が確認されれば自粛要請を解除する。なお、シートをかけるなど風雨をあてない状態で保管されていたものは除外されている。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ