2012年7月27日

花粉問題対策事業者協議会が会員を募集中


産・官・学で組織している「花粉問題対策事業者協議会」(仮称)が、9月12日の設立総会を前に会員を募集している。募集会員の対象は、山林を所有する事業体や、花粉問題対策にかかわる事業体(食品、薬品や情報サービス)など。サントリー、ダイキン、武田薬品、日油、ユニ・チャーム、産業技術総合研究所、森林総合研究所、農業生物資源研究所が発起人となっており、正式な発足に向けて準備を進めている。協議会では、4つのワーキンググループを設置して、花粉の飛散抑止、症状の軽減などについての情報交換や対策を協議する予定。会費は一口60万円で、幹事会員は5口以上、一般会員は1口以上4口以下。詳しくは、こちらを参照。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ