2010年10月13日

茨城県宮の郷工業団地に大型ラミナ工場、中国木材が進出


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

茨城県常陸大宮市の宮の郷工業団地に、年間原木取扱量が12万m3に及ぶ集成材用ラミナ工場が建設される。11月に着工し、来年3月末に稼働を始める予定。事業主体は、同県鹿島市に大型製材工場を持つ中国木材(株)(本社=広島県呉市)が発起人代表となって今年6月に発足した「宮の郷木材事業協同組合」。→詳しくは、「林政ニュース」第398号(10月6日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ