2016年1月20日

薩摩川内市が竹利用で新産業創出、中越パルプと協定締結


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,特用林産物 

鹿児島県の薩摩川内市が「竹バイオマス産業都市構想」の実現に取り組んでいる。昨年7月に関係者で協議会を設立したのに続き、12月には「竹紙」の製品化などで実績のある中越パルプ工業(株)との間で協定を締結。新産業の創出に向け、今年は試作品の開発や技術評価などを行うことにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第524号(1月13日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ