2018年12月12日

誤射死亡事故を受け北海道の全国有林で銃猟を禁止


12:40 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,事件・訴訟,鳥獣害対策 

北海道森林管理局は、恵庭森林事務所の森林官がハンターに誤射されて死亡した事故(「林政ニュース」第594号参照)を受け、道内全国有林で銃猟目的の入林を禁止すると12月11日に発表した。これに先立ち、北海道猟友会も銃器を使った狩猟の自粛を決め、12月4日付けで会員に通知した。いずれも有害鳥獣捕獲は認めるが、道内全域にわたって銃猟を取り止める異例の対応がとられる。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第595号、12月19日発行)でお伝えします。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ