2015年4月24日

謎の鳥・オガサワラヒメミズナギドリを小笠原諸島で発見


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,生物多様性保全 

世界的な希少種で「謎の鳥」とも呼ばれるオガサワラヒメミズナギドリが世界自然遺産に指定されている小笠原諸島の国有林で生き残っていることが確認された。森林総合研究所が3月24日に発表したもので、2月25日に同諸島の東島で営巣地を発見し、種の確認のため4個体を捕獲、形態測定と足環を装着してから放鳥した。→詳しくは、「林政ニュース」第507号(4月22日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ