2019年6月5日

退職自衛官の“第2の職場”に林業、情報提供を強化


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出 

退職した自衛官の“第2の職場”として林業が選ばれるケースが出てきている。自衛隊では、定年や任期満了によって毎年約1万人の隊員が退職している。林野庁は防衛省に対して林業も就業先の1つに加えてもらうよう要請し、防衛省側も自衛隊の各地方協力本部を通じて求人情報などを伝えており、“マッチング”の機会が増えてきている。→詳しくは、「林政ニュース」第605号(5月29日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ