2013年10月15日

造林コスト3割減へ、「一貫作業システム」を関東で初試行


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品,造林・育林 

関東森林管理局と森林総合研究所は10月1日に茨城県の城里町で、「コンテナ苗を活用した『一貫作業システム』現地検討会」を開催した。伐出から地拵え・植栽を連携して同時に行う「一貫作業システム」は、九州で先駆的に実施されており、再造林コストを約3割削減する実績をあげている(「林政ニュース」第457号参照)。林野庁は、このシステムを全国に普及していくことにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第470号(10月9日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ