2017年11月6日

重要品目に構造用集成材、日欧EPA合意受け総合的対策を


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,法律・制度・予算 

農林水産省は、日欧EPA交渉の大枠合意(「林政ニュース」第561号参照)を受けて策定する国内対策の検討を本格化させた。11月2日には品目別の影響分析結果を公表、チーズや乳製品と並んで「構造用集成材等」を重要品目に位置づけ、「川上から川下に至る総合的な体質強化等の対策の検討が必要」とした。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ