2015年2月2日

長野県の大北森林組合が2億円以上の補助金を不正受給


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,事件・訴訟 

長野県は1月29日に、大北森林組合(大町市)が補助金を不正受給していたと発表した。同組合は、森林作業道整備と間伐の事業が完了したと偽って、平成22年度から25年度までの間に約2億2,190万円を不正に受け取っていた。県は補助金の返還を求めるとともに、再発防止策を講じる方針。詳しくは、こちらを参照。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ