2015年12月8日

高知市新庁舎の建設に丸太打設工法、スギ1万6,000本利用


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,新技術・新製品 

高知市は、新築する本庁舎の地盤強化を図るため、約1万6,000本のスギ丸太を打ち込む地盤強化工法を採用する。大規模な公共施設の建設にあたり、液状化対策として木材を活用する先駆的な取り組みになる(写真は、新庁舎の外観イメージ)。→詳しくは、「林政ニュース」第522号(12月2日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ