2015年8月19日

APPがインドネシアの泥炭地保護で自主的操業中止


アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP)は、インドネシアの泥炭地を保護するため、約7,000haに及ぶ商業植林地での操業を中止すると8月13日に発表した。同国における泥炭地の開発は、温室効果ガスの巨大な排出源となっており、植林地での操業を止めることで、同国の排出削減目標(2020年までに26%削減)に貢献できるとしている。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ