2015年10月21日

11月8日にシンポ「200年先の文化財を私たちは守れるのだろうか」


文化遺産を未来につなぐ森づくりのための有識者会議は、11月8日(日)午後1時30分から京都市の立命館大学朱雀キャンパスでシンポジウム「200年先の文化財を私たちは守れるのだろうか」を開催する。工学院大学常務理事の後藤治氏、清光林業(株)取締役会長の岡橋清元氏が基調講演し、パネルディスカッションなどで議論を深める。詳しくは、こちらを参照。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ