お知らせ のカテゴリーを表示しています

2011年6月20日

【近刊のご案内】『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

新刊図書『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』を7月1日に刊行します! 平成12(2000)年に刊行した前版(『日本近代林政年表 1867-1999』)を全面的に見直し、最近の動向を加えました。日本で唯一の専門年表として定評のある労作を、500部限定で刊行します。同書の刊行を記念して7月1日までにお申し込みの場合、特別割引価格の20,000円(税込み、送料無料、定価の2割引)でお届けいたします! 詳しい内容及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:日本近代林政年表 増補版 1867-2009
編 者:香田 徹也
定 価:25,000円(本体価格23,810円)
規格等:B5判上製箱入り 1,700頁 ISBN978-4-88965-208-6
刊行日:2011年7月1日
★7月1日までにお申し込みの場合、刊行記念特価(20,000円)でお届けいたします。


2011年6月7日

『林政ニュース』第414号(6月8日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

被災した合板工場が7月には生産再開、4月の合板生産量は震災前と同水準(ニュース・フラッシュ)、海岸防災林の再生で津波対策、2次補正に向け検討を急ぐ(緑風対談)、2,000haの山林経営を進化させる島津興業(遠藤日雄のルポ&対論)、銘木と銘酒で優良材産地を再生する吉野ウッドプロダクト(突撃レポート)、小田原市が周辺自治体とともに林業再生、かまぼこ板にスギ活用(地方のトピックニュース)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年5月25日

【本のお知らせ】『国産材はなぜ売れなかったのか』が日本経済新聞の読書欄で紹介されました!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

「日本林業の常識が変わる」から抜粋
(名古屋市立大学准教授 香坂 玲)
今、日本の林業の常識が塗り替わりつつある。まず「貿易を通じた安い外材に押された」という通説に対し、成美大の荻大陸教授は、外材が入る前の国産品にそもそも品質で問題があり、不正な表示が横行していたことを歴史的な統計から示し、外材と価格が逆転しても国産材は売れなかったとする(『国産材はなぜ売れなかったのか』日本林業調査会・09年)。
(『日本経済新聞』2011年5月22日付け朝刊)


2011年5月24日

【本のお知らせ】『世界の林業労働者が自らを語る』を重版(第2刷)します!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

3月15日に刊行した図書『世界の林業労働者が自らを語る』が品切れとなったため重版(増刷)します(5月31日に第2刷を刊行します)。重版を記念して、5月31日までにお申し込みの場合、特別割引価格(2,000円)でお届けいたします。(なお、特別割引販売は、書店では受け付けておりません。小社まで直接、電話・FAX・電子メール等でお申し込み下さい。)詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:世界の林業労働者が自らを語る ―われわれはいかに働き暮らすのか―
著 者:ベルント・シュトレルケ(元ILO林業・木材産業専門家)
訳 者:菊間満(山形大学教授)
定 価:2,300円(本体価格2,190円)
刊行日:2011年3月15日(第1刷)、2011年5月31日(第2刷)
規格等:A5判 181頁 ISBN978-4-88965-207-9
★5月31日までにお申し込みの場合、重版記念特価2,000円でお届けいたします。


『林政ニュース』第413号(5月25日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

次期「森林・林業基本計画」の数値目標が決まる(ニュース・フラッシュ)、次世代架線集材システムに挑む泉林業(遠藤日雄のルポ&対論)、銘木と銘酒で優良材産地を再生する吉野ウッドプロダクト(突撃レポート)、森林・木材と放射能汚染の関係(基礎からわかるQ&A)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。

世界自然遺産への登録が確実になった小笠原諸島


2011年5月10日

『林政ニュース』第412号(5月11日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

震災復旧に向けた第1次補正予算のポイント(緑風対談)、「多機能海岸防災林」造成へ有識者検討会設置(ニュース・フラッシュ)、路網技術者養成のトップランナー・宮崎県治山林道協会(遠藤日雄のルポ&対論)、世界初のバイオコークス製造プラントが誕生(地方のトピックニュース)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご参照下さい。


2011年4月26日

【本のお知らせ】『リモートセンシング・GIS データ解析実習 入門編』を重版(第4刷)しました!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

新年度にあたり、図書『リモートセンシング・GIS データ解析実習 入門編』を重版(第4刷)しました。全国の大学等で使われている標準テキストです(CD、地形図付き)。重版を記念して、5月9日までにお申し込みの場合、定価(2,000円)の1割引(1,800円)でお届けいたします。(なお、特価販売は、書店では受け付けておりません。小社まで直接、電話・FAX・電子メール等でお申し込み下さい。)詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。

書 名:リモートセンシング・GIS データ解析実習 入門編
著 者:露木 聡
規格等:A4判 114頁 ISBN978-4-88965-193-5
定 価:2,000円(本体価格1,905円)
★5月9日までにお申し込みの場合、重版記念特価1,800円でお届けいたします。


2011年4月19日

「林政ニュース」第411号(4月20日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: お知らせ 

第1次補正で木材供給強化や輸送費に助成など(東日本大震災)、特会の改革作業中断も国有林は「粛々」と検討(ニュース・フラッシュ)、間伐材割り箸が68大学に拡大・樹恩ネットワーク(遠藤日雄のルポ&対論)、大井川源流域森林再生協議会が発足、上乗せ助成(地方のトピックニュース)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご参照下さい。


2011年4月4日

『林政ニュース』第410号(4月6日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

仮設住宅の建設本格化、合板をはじめ需給逼迫にどう対応する?(東日本大震災)、森林法改正案が修正加えスピード審議で衆院通過(ニュース・フラッシュ)、「井硲システム」で林地残材をもれなく集める(突撃レポート)、初の内陸型「森の合板工場」が岐阜県で稼働開始(地方のトピックニュース)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご参照下さい。


2011年3月31日

【新刊のご案内】『世界の林業労働者が自らを語る』


11:00 AM 更新 カテゴリ: お知らせ 

新刊図書『世界の林業労働者が自らを語る―われわれはいかに働き暮らすのか』が3月31日にできあがりました。33カ国、55名の林業労働者が率直に「自分史」を語ったILO報告を初邦訳、世界各地の現場の声を伝える貴重な1冊です。詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。

書 名:世界の林業労働者が自らを語る われわれはいかに働き暮らすのか
著 者:ベルント・シュトレルケ
訳 者:菊間満
定 価:2,300円(本体価格2,190円)
刊行日:2011年3月15日
規格等:A5判 181頁 ISBN978-4-88965-207-9

★ご注文をいただき次第、発送いたします。


2011年3月24日

【新刊のご案内】『世界の林業労働者が自らを語る』


2:00 PM 更新 カテゴリ: お知らせ 

新刊図書『世界の林業労働者が自らを語る―われわれはいかに働き暮らすのか』を3月31日に刊行します。33カ国、55名の林業労働者が率直に「自分史」を語ったILO報告を初邦訳、世界各地の現場の声を伝える貴重な1冊です。同書の刊行を記念して3月30日までにお申し込みの場合、特別割引価格(2,000円(税込み、送料無料))でお届けいたします! 詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。

書 名:世界の林業労働者が自らを語る われわれはいかに働き暮らすのか
著 者:ベルント・シュトレルケ
訳 者:菊間満(山形大学教授)
定 価:2,300円(本体価格2,190円)
刊行日:2011年3月31日
規格等:A5判 181頁 ISBN978-4-88965-207-9

※本書の発送は3月31日以降になります。
※東北地方太平洋沖地震による影響で、お届けが遅れる場合があります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。


2011年3月22日

【新刊のご案内】森林総合研究所編『山・里の恵みと山村振興』


2:00 PM 更新 カテゴリ: お知らせ 

新刊図書『山・里の恵みと山村振』を3月15日に刊行しました! 国産材企業の規模拡大が山村地域にどのような影響を及ぼしているのか。そして、これからの地域おこしはどうあるべきかを、豊富な事例研究をベース多角的に考察した1冊です。同書の刊行を記念して3月28日までにお申し込みの場合、特別割引価格(2,000円(税込み、送料無料、定価の2割引)でお届けします! 詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。

書 名:山・里の恵みと山村振 市場経済と地域社会の視点から
編 者:森林総合研究所
定 価:2,500円(本体価格2,381円)
刊行日:2011年3月15日
規格等:A5判 367頁 ISBN978-4-88965-206-2

※東北地方太平洋沖地震による影響で、お届けが遅れる場合があります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。


『林政ニュース』第409号の目次をアップしました!


11:15 AM 更新 カテゴリ: お知らせ 

『林政ニュース』第409号(2011年3月23日付け)の目次をアップしました。今号は、沿岸地域の木材・製紙関連工場を津波が直撃(東日本大震災)、再生可能エネルギー電気調達法案を閣議決定(ニュース・フラッシュ)、スギムク平角のマーケットを開拓する伸栄木材(遠藤日雄のルポ&対論)、林ベニヤ七尾工場、直径8cmの林地残材もOK(地方のトピックニュース)、アメリカ国有林の森林計画改定へ、新規則案公表(グローバル・ウォッチ)――などを掲載しています!詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご参照下さい。


2011年3月14日

本日は臨時休業いたします。


10:01 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

計画停電(輪番停電)に起因する首都圏の交通機関の混乱により、日本林業調査会(J-FIC)の職員が出勤できないため、本日(14日)は臨時休業とさせていただきます。なお、電子メール(info@j-fic.com)によるお問い合わせには対応可能です。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。


2011年3月8日

『林政ニュース』第408号の目次をアップしました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: お知らせ 

『林政ニュース』第408号(2011年3月9日付け)の目次をアップしました。今号は、森林法一部改正案を国会に提出、私権制限を強化(ニュース・フラッシュ)、5カ年プロジェクト終了、「新生産システム」は何を残したのか?(特集)、消費者目線で紀州材復権へ・かつらグループ(遠藤日雄のルポ&対論)、早生広葉樹・ヤナギのバイオマス利用は可能か(事業化調査から)、徳島県産材40万m3に倍増、自給率70%へ次世代プロジェクトで主伐時代に対応(地方のトピックニュース)、軟弱地盤の補強対策に丸太杭 土木分野で復権へ(需要をつくる)――などを掲載しています!詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご参照下さい。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー