お知らせ のカテゴリーを表示しています

2011年8月3日

『コモンズと地方自治』を刊行しました!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

コモンズと地方自治』を本日(8月3日)刊行いたしました。3,710にのぼる「財産区」の実態を明らかにした初めての本です。詳しい内容及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:コモンズと地方自治 ―財産区の過去・現在・未来―
編 者:泉留維・齋藤暖生・浅井美香・山下詠子(共著)
定 価:2,500円(本体価格2,381円)
規格等:A5判 233頁 ISBN978-4-88965-209-3
刊行日:2011年8月3日


2011年8月2日

『林政ニュース』第418号(8月3日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、復興基本方針に海岸防災林、地域材利用などを明記(「ニュース・フラッシュ」)、8・2林野庁幹部人事異動解説(「緑風対談」)、不振の官製工場を再生した中国木材大分事業所(「遠藤日雄のルポ&対論」)、既製のムク製材品活用で大型木造をコストダウン(「同行ルポ」)、森林ボランティアの認定制度が再スタート――などを掲載しています。(表紙写真は、岩手県住田町の木造仮設住宅を東京・六本木ヒルズに展示)。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年7月27日

【新刊のご案内】『コモンズと地方自治  財産区の過去・現在・未来』


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

新刊図書『コモンズと地方自治  財産区の過去・現在・未来』を8月3日に刊行します! 3,710にのぼる「財産区」の実態を明らかにした初めての本です。 同書の刊行を記念して8月2日までにお申し込みの場合、特別割引価格の2,000円(税込み、送料無料、定価の2割引)でお届けいたします! 詳しい内容及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:コモンズと地方自治 ―財産区の過去・現在・未来―
編 者:泉留維・齋藤暖生・浅井美香・山下詠子(共著)
定 価:2,500円(本体価格2,381円)
規格等:A5判 233頁 ISBN978-4-88965-209-3
刊行日:2011年8月3日
★8月2日までにお申し込みの場合、刊行記念特価(2,000円)でお届けいたします。


2011年7月22日

【本のお知らせ】『世界の林業労働者が自らを語る』が『季論21』(2011夏号)で紹介されました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

『季論21』(2011夏号)書評欄から抜粋
評者 笠原義人(宇都宮大学名誉教授)
 世界の林業労働者の労働と生活を一体的にとらえ、林業労働者に自らを語らせた本書は、ILOという世界機関と、編者であるベルント・シュトレルケの存在があって、はじめて成し遂げられたものである。
 本書は林業部門(セクター)で働く世界の林業労働者の人生の物語であるが、世界の全ての労働者が、人間らしい労働をどのように求めているか、何をなすべきかなど、を考える素材を提供する。
 世界の労働者が共通して掲げてきた要求を反映し、労働者の権利をまもることを任務とした国際機関(ILO)が、利潤第一主義の横暴を制限する「社会的ルール」を国際化する道を開き、活動していることを積極的に評価するとともに、本書がわが国でも広範に読まれることを期待したい。
『世界の林業労働者が自らを語る』


2011年7月20日

『林政ニュース』第417号(7月20日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

全国知事会議が加速化事業の延長・拡充を要望(「ニュース・フラッシュ」)、2次から3次補正、来年度当初予算の見通しは?(「緑風対談」)、復興へのシナリオを太田猛彦・東京大学名誉教授に聞く(インタビュー)、応急仮設住宅500戸を国産ログハウスで建設(「遠藤日雄のルポ&対論」)、重ね梁や床材でヒノキ・カラマツを活用する征矢野建材(「突撃レポート」)――など、今号も盛り沢山の内容です(表紙写真は、フジロックの森づくりで連携協定)。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年7月15日

【本のお知らせ】『日本近代林政年表』が『赤旗』で紹介されました!


1:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

・『赤旗』 2011年7月10日付け/読書欄
香田徹也氏(元林野庁職員)編著の「日本近代林政年表 増補版 1867-2009」が、刊行されました。
森林・林業・林産業にかかわる約1700ページの行政の年表です。1867年から2009年までの国有林・民有林・企業や労働者の動き、社会の出来事も組み込んでいるのが特徴。朝鮮・台湾など植民地林政の項目も。
(『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』日本林業調査会・11年)


2011年7月6日

【本のお知らせ】『主張する森林施業論』が准フォレスター研修の副読本になりました!


1:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

『主張する森林施業論』が7月からスタートした准フォレスター研修(「林政ニュース」第416号参照)の副読本(研修前に一読しておくことが望ましい書)に選定されました。同書のほか、『美しい森をつくる』『ヨーロッパの森林管理』『森林リモートセンシング 第3版』『水辺林管理の手引き』『国産材はなぜ売れなかったのか』も副読本に指定されています。


2011年7月5日

『林政ニュース』第416号(7月6日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

第2次補正に木質バイオ発電調査費、1億円で数カ所(「ニュース・フラッシュ」)、フォレスター候補の研修がスタート(「緑風対談」)、復興へのシナリオを早坂みどり・住空間工房代表に聞く(インタビュー)、集成材メーカー・中東の新工場が稼働開始(「地方のトピック・ニュース」)、大断面木造建築物が津波に耐えたわけは?(「住木センター報告会」)――など、今号も盛り沢山の内容です(表紙写真は、岩手県産のスギ間伐材で組んだ養殖用イカダ)。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年7月1日

【新刊のご案内】『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』を刊行しました!


1:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』を7月1日に刊行しました。たくさんのご予約注文をいただき、ありがとうございました。本書は500部限定で販売しております。詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。

書 名:日本近代林政年表 増補版 1867-2009
編 者:香田 徹也
定 価:25,000円(本体価格23,810円)
刊行日:2011年7月1日
規格等:B5判上製箱入り 1,696頁 ISBN978-4-88965-208-6


2011年6月21日

『林政ニュース』第415号(6月22日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: お知らせ 

街づくりのエネルギー源に木質系がれきを活用(緑風対談)、復興へのシナリオを酒井秀夫・東大教授に聞く(インタビュー)、国産材丸太の輸出市場を開拓する阪和興業(遠藤日雄のルポ&対論)、「Jパネル」が家具・内装でも好調な丸天星工業(突撃レポート)――など、今号も盛り沢山の内容です。(表紙写真は、ツキ板を張った電気自動車。)詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年6月20日

【近刊のご案内】『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

新刊図書『日本近代林政年表 増補版 1867-2009』を7月1日に刊行します! 平成12(2000)年に刊行した前版(『日本近代林政年表 1867-1999』)を全面的に見直し、最近の動向を加えました。日本で唯一の専門年表として定評のある労作を、500部限定で刊行します。同書の刊行を記念して7月1日までにお申し込みの場合、特別割引価格の20,000円(税込み、送料無料、定価の2割引)でお届けいたします! 詳しい内容及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:日本近代林政年表 増補版 1867-2009
編 者:香田 徹也
定 価:25,000円(本体価格23,810円)
規格等:B5判上製箱入り 1,700頁 ISBN978-4-88965-208-6
刊行日:2011年7月1日
★7月1日までにお申し込みの場合、刊行記念特価(20,000円)でお届けいたします。


2011年6月7日

『林政ニュース』第414号(6月8日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

被災した合板工場が7月には生産再開、4月の合板生産量は震災前と同水準(ニュース・フラッシュ)、海岸防災林の再生で津波対策、2次補正に向け検討を急ぐ(緑風対談)、2,000haの山林経営を進化させる島津興業(遠藤日雄のルポ&対論)、銘木と銘酒で優良材産地を再生する吉野ウッドプロダクト(突撃レポート)、小田原市が周辺自治体とともに林業再生、かまぼこ板にスギ活用(地方のトピックニュース)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。


2011年5月25日

【本のお知らせ】『国産材はなぜ売れなかったのか』が日本経済新聞の読書欄で紹介されました!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

「日本林業の常識が変わる」から抜粋
(名古屋市立大学准教授 香坂 玲)
今、日本の林業の常識が塗り替わりつつある。まず「貿易を通じた安い外材に押された」という通説に対し、成美大の荻大陸教授は、外材が入る前の国産品にそもそも品質で問題があり、不正な表示が横行していたことを歴史的な統計から示し、外材と価格が逆転しても国産材は売れなかったとする(『国産材はなぜ売れなかったのか』日本林業調査会・09年)。
(『日本経済新聞』2011年5月22日付け朝刊)


2011年5月24日

【本のお知らせ】『世界の林業労働者が自らを語る』を重版(第2刷)します!


2:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

3月15日に刊行した図書『世界の林業労働者が自らを語る』が品切れとなったため重版(増刷)します(5月31日に第2刷を刊行します)。重版を記念して、5月31日までにお申し込みの場合、特別割引価格(2,000円)でお届けいたします。(なお、特別割引販売は、書店では受け付けておりません。小社まで直接、電話・FAX・電子メール等でお申し込み下さい。)詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらをご参照下さい。
書 名:世界の林業労働者が自らを語る ―われわれはいかに働き暮らすのか―
著 者:ベルント・シュトレルケ(元ILO林業・木材産業専門家)
訳 者:菊間満(山形大学教授)
定 価:2,300円(本体価格2,190円)
刊行日:2011年3月15日(第1刷)、2011年5月31日(第2刷)
規格等:A5判 181頁 ISBN978-4-88965-207-9
★5月31日までにお申し込みの場合、重版記念特価2,000円でお届けいたします。


『林政ニュース』第413号(5月25日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

次期「森林・林業基本計画」の数値目標が決まる(ニュース・フラッシュ)、次世代架線集材システムに挑む泉林業(遠藤日雄のルポ&対論)、銘木と銘酒で優良材産地を再生する吉野ウッドプロダクト(突撃レポート)、森林・木材と放射能汚染の関係(基礎からわかるQ&A)――など、今号も盛り沢山の内容です。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。

世界自然遺産への登録が確実になった小笠原諸島


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー