林政ニュース第119号

林政ニュース第119号


在庫あり
発行日:1999年02月24日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

●市町村の林業職員を地方交付税で約500名増員(119/ニュース・フラッシュ)
●鳥獣保護法改正案の内容が固まる  都道府県が策定、狩猟規制を緩和(119/ニュース・フラッシュ)
●JICAが組織改革、来年1月から新体制  林業部門は「森林・自然環境協力部」に(119/ニュース・フラッシュ)
●「森林においでよ」フェアに5500人  17支援センター参加、林業・山村をPR(119/ニュース・フラッシュ)
●生態系廃棄物のリサイクルで初の報告書  剪定枝、建築廃木材の処理が課題(119/ニュース・フラッシュ)
●林産物関税撤廃問題で早期決着論が米国で再浮上(119/ニュース・フラッシュ)
●2月26日に、第2回緑の募金事業報告会(119/ニュース・フラッシュ)
●11年度林野庁予算解説③ 了  新規・拡充など積み残し文を拾う(119/緑風対談)
●岐阜県が部局再編で林政部を廃止  現行業務は農林水産局などが分担(119/地方のトピックニュース)
●宮崎スギを相模原市場でPR、盛況完売  県外出荷推進協の取組、好評価定着へ(119/地方のトピックニュース)
●兵庫県で里山プロジェクトがスタート  エリア区分で、多様な森づくり目指す(119/地方のトピックニュース)
●間伐材活用へ三重県の技術開発に成果  鋼材複合構造材、樹脂含浸タイルなど(119/地方のトピックニュース)
●森林交付税連盟が、「森林ルネッサンス」を初開催(119/地方のトピックニュース)
●新潟県が木造住宅生産者ネットワーク委を発足、年度内に提言(119/地方のトピックニュース)
●北海道が公共建築物へのJAS乾燥材使用を仕様書に明記(119/地方のトピックニュース)
●木次町民らによる創作劇「ひと花の吹雪」——3月に東京公演(119/地方のトピックニュース)
●上伊那農業高校で「みどり塾」が発足(119/地方のトピックニュース)
●「ふれあいの森」名づけ親の高校生に記念品を贈呈(119/地方のトピックニュース)
●札幌の写真家・阿部幹雄氏が『祈りの木』出版(119/地方のトピックニュース)
●林土連第33回通常総会を開催(119/りんせいダイアリー300秒)
●フタバガキ科の研究報告書を発刊(119/りんせいダイアリー300秒)
●日本さくらの会が100万本運動を本格化(119/りんせいダイアリー300秒)
●10年度JAS製材品表彰が決定(119/りんせいダイアリー300秒)
●中国砂漠植林ボランティアを募集中(119/りんせいダイアリー300秒)
●関係省庁の11年度予算  国土庁(山村振興関連)(119/短期連載)
●林野庁退職者の再就職先(119/人事・消息・組織)
●林野庁人事(2月16日付)(119/人事・消息・組織)