林政ニュース第144号

林政ニュース第144号


在庫あり
発行日:2000年03月08日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

●新「過疎法」制定へ、101市町村が対象外に  補助金、過疎債には「激変緩和」措置(144/ニュース・フラッシュ)
●宮内庁が間伐材製品を10年計画で導入  ”今春1300万円相当の机など配備”(144/ニュース・フラッシュ)
●間伐材マークを制定、12年度中に運用開始(144/ニュース・フラッシュ)
●間伐対策本部が初会合を開催(144/ニュース・フラッシュ)
●新開発の育林用高性能機械が製品化  傾斜地にも対応、各地でデモPR(144/ニュース・フラッシュ)
●突き板コーティング、スギ乾燥区分で成果  技術組合と松下電工、住友林業が発表(144/ニュース・フラッシュ)
●広域合併で森林組合の根幹にメスを  全森連研修会で自立経営の方策を論議(144/ニュース・フラッシュ)
●緑のオーナー3回目は不落、3月22日に再公売(144/ニュース・フラッシュ)
●やまりん(株)に3度目の入札参加停止措置(144/ニュース・フラッシュ)
●新潟の協同組合ウッドワークに大臣賞——国産材コンクールで(144/ニュース・フラッシュ)
●「水源の森」フォトコンテスト展示会開催中!(144/ニュース・フラッシュ)
●アメリカ西海岸の世界遺産と認証森林を訪ねる旅(144/ニュース・フラッシュ)
●12年度林野予算案重点事項解説(了)  新規就業者、普及、確立林構ほか(144/緑風対談)
●緊急間伐促進へ、北海道が補助金上積み  大型単板工場も始動、利用拡大に期待(144/地方のトピックニュース)
●新築の体育センターにカラマツ間伐材ベンチを設置(144/地方のトピックニュース)
●鳥取県で初のイノシシ対策懇談会を開く  被害急増に対応、狩猟強化で頭数減を(144/地方のトピックニュース)
●飫肥スギ大断面集成材の大型ドーム完成  日南市が発注、全小学校の机も切替え(144/地方のトピックニュース)
●「東京グリーントラストセンター」設置へ、懇談会答申(144/地方のトピックニュース)
●「静岡県炭やきの会」が旗揚げ、生産者ネットワークづくりへ(144/地方のトピックニュース)
●森林伐採の影響調査結果を発表——琵琶湖研シンポ(144/地方のトピックニュース)
●環境にやさしい間伐材ネットフェンスを開発——岩手県技術センター(144/地方のトピックニュース)
●「静岡県炭やきの会」が旗揚げ、生産者ネットワークづくりへ(144/地方のトピックニュース)
●次代を担う奨学生を募集——国土緑推(144/りんせいダイアリー300秒)
●「財源問題の検討を」須藤林業協会会長(144/りんせいダイアリー300秒)
●ジェトロ輸入部材センターがリニューアル(144/りんせいダイアリー300秒)
●林土連が40周年記念式典を開催(144/りんせいダイアリー300秒)
●全国山火事予防運動がスタート(144/りんせいダイアリー300秒)
●学校緑化コンクールで5校に大臣賞(144/りんせいダイアリー300秒)
●”富士山麓で1000人「林業交流会」開催”(144/りんせいダイアリー300秒)
●シベリアの森林を守れ! セミナーで論議(144/りんせいダイアリー300秒)
●森林インストラクターの公募受付6月から(144/りんせいダイアリー300秒)
●迷走する森林条約、新設UNFFで結論は出るのか?(144/カレント・クリップ)
●拡充した「基本政策検討室」に看板を設置(144/表紙)
●日本林業協会編 『里山を考える101のヒント』(144/新刊紹介)