林政ニュース第19号

林政ニュース第19号


在庫あり
発行日:1994年12月21日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

●森林・山村対策を二千百六十億円に拡充  大幅増額で「ふるさと林道」など推進(19/ニュース・フラッシュ)
●生しいたけ用ほだ木の耐用年数を短縮  平成七年度林業関係税制改正決まる(19/ニュース・フラッシュ)
●予算確保へ、林業団体の全国集会続く  大規模林道推進で国会議員八十名参集(19/ニュース・フラッシュ)
●木橋モデル事業推進へ、技術検討会設置  住木センターも手引書、講習会を開催(19/ニュース・フラッシュ)
●群馬県がチップ利用の新舗装資材を開発  「アスウッド」、歩きやすいと好評(19/地方のトピックニュース)
●保安林改良で、渡り鳥の休める森づくり  石川県 倉島でアキグミなどを植栽(19/地方のトピックニュース)
●木曽ヒノキを内装に使った公団マンション建設中(19/地方のトピックニュース)
●長野五輪施設の木材調達は「差別的」、米が反発(19/りんせいダイアリー300秒)
●熊崎筑波大教授を座長に、新たな森林レクリエーションのあり方を探る(19/りんせいダイアリー300秒)
●国有林労災防止発表会で、大阪局新見署と熊本局人吉署に長官賞(19/りんせいダイアリー300秒)
●平成七年用緑化ポスターの原画コンクール終わる(19/りんせいダイアリー300秒)
●新ITTAに署名、年明けの通常国会で承認へ(19/りんせいダイアリー300秒)
●林野庁12月人事退職者の再就職先(19/データ・ファイル)
●若手林野庁幹部匿名座談会  林野予算は今のままでいいのか、森林整備、担い手対策はどうするか(19/特別企画)