林政ニュース第241号

林政ニュース第241号


在庫あり
発行日:2004年03月24日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
「バイオマスタウン」具体化へ基本方針  500地域で総合的利用を促進、戦略会議
森林の健康効果で科学的データを発表  免疫機能アップ確認、初の実証調査で
首都圏の環境グランドデザインを策定  「水と緑と生き物の環」、次は近畿で
JAS「差別化規格」へ見直し——あり方検討会
間伐紙の名刺台紙発売、営業マンのツールに
マーケット情報握る企業と連携を——ワークショップ
製材などをグリーン購入「特定調達品目」に正式決定
自然エネルギー利用の意義を強調、自民党議連で小宮山氏
森林・林業・木材産業温暖化対策税創設推進本部を設立

【緑風対談】
総括・国有林野事業集中改革5年間 4本柱に沿って成果と課題を見る
 ▽何と公益林が9割、緑の回廊はゼロから17か所へ
 ▽リストラ顕著、職員数は7000人台に
 ▽一般会計繰り入れは見込みどおりに増大
 ▽食い違いは自己収入の減と借入金の増加
 ▽難関は元本返済、まずは改革期間中の借金を返す

【地方のトピックニュース】
「多摩川源流自然再生協議会」が発足  水源林保全へ地元・県・国がスクラム
北海道が木材産地表示システム実施へ  工場認定+証明書で消費者にアピール
 ▽高橋はるみ知事「産消協働」へ道産材対策テコ入れ
岩手県が木質バイオマスプラン策定へ  「熱利用」柱にトップランナー目指す
木屑ボイラー発電プラント竣工、岐阜県白川町
生分解性クマ剥ぎ防護ネットを開発——石川県
住田町でFSC認証、三陸木材、けせんプレカットもCoC取得
鳥取県「グリーン商品」基準見直し、間伐材県内比率を引上げ
学校机や椅子の木製化へ新規予算、和歌山県
「春日奥山古事の森づくり」を開催——近畿中国局

【カレント・クリップ】
国際安全規格『ISO12100』の波紋
 ▽機械安全の確保を保障する国際基準、PL法も準拠へ
 ▽製造・設計段階のリスクアセスメントを標準化
 ▽出遅れた日本、JIS化作業が急ピッチで進行中
 ▽産業界は転換を迫られる、労働安全・衛生にも波及か

【りんせいダイアリー300秒】
林スギ植林ストップ!? アレルギー国家戦略
来月25日に宮崎県で第55回全国植樹祭
日本林学会創立90周年シンポを開催
日・マ経済連携協定交渉第2回会合を開催
最新の研究成果をWEBで紹介—森林総研
外材との共生を追求——泉林業社長
新たに抵抗性マツ17品種—育種センター
「エコタウン」公募開始——経産省
「特定防除資材」指定評価基準を策定
木材利用技術の開発を支援—住木センター
 
【新刊紹介】石井邦彦著『林業労働安全ノート』

【広 告】発行書籍のご案内