林政ニュース第25号

林政ニュース第25号


在庫あり
発行日:1995年03月22日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

●改正山振法が成立、有効期限を十年延長  地方債に配慮、三セクの事業を拡大(25/ニュース・フラッシュ)
●国際化に合わせ木材JASを改正  規制緩和で保安林解除手続きも簡素化(25/ニュース・フラッシュ)
●特用林産振興対策研究会を設置  八年度からの次期振興対策を検討(25/ニュース・フラッシュ)
●持続的森林経営に向け政府間パネル新設  NGOも含め、森林条約など論議(25/ニュース・フラッシュ)
●全国林研グループ、LN21などが総会  清水緑森会(北海道)が大臣賞受賞(25/ニュース・フラッシュ)
●三十三社で「Q&Sフレーム協会」設立(25/ニュース・フラッシュ)
●森林開発公団  存続の意義と今後の課題(25/緑風対談)
●「茨城県地球環境保全条例」を制定  緑化の推進などに県民一丸で取り組む(25/地方のトピックニュース)
●四月一日付けで高知県「森林局」に  「木の文化県」など総合森林行政を展開(25/地方のトピックニュース)
●一〇〇%国産カラマツのログホテル  増築完了し四月一日から全面オープン(25/地方のトピックニュース)
●美しいむら景観コンテストで長崎県東彼杵町が大臣賞受賞(25/りんせいダイアリー300秒)
●平成六年の木材輸入額は百四十五億ドル(25/りんせいダイアリー300秒)
●新技術を活かした木材利用と震災を考えるシンポジウム(25/りんせいダイアリー300秒)
●’95ユースボウル・セミナー「地球環境と産業活動の調和」東京と大阪で開催(25/りんせいダイアリー300秒)
●ボランティアによる森林づくりを考えるシンポジウム(25/りんせいダイアリー300秒)
●企業メセナの森林づくりをチェック(25/カレント・クリップ)