林政ニュース第279号

林政ニュース第279号


在庫あり
発行日:2005年10月26日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆育種センター・森林総研の統合問題大詰め 10月末にも決着、4育種場の統廃合も
◆来年4月から政府調達で違法伐採材排除 業界自主証明では伝票等の保存が必要
◆NK細胞が活性化、ストレス解消も立証 世界初の森林セラピー実験で新たな成果
 ▽セラピー基地候補第2期募集、11月1日に開始
◆副大臣PT再開、10月末にとりまとめ
◆おしやれでエコな国産材雑貨求む! LOHAS層向けに
◆住友林業「マイフォレスト」発売、国産材積極活用
◆青森ヒバをたっぷりと、都内でモデルプロジェクト進行中

【短期連載】遠藤日雄の熱筆レポート スギ利用最前線・九州からの報告④
◆スギ丸太消費量月間1万m3目前—新栄合板工業(株)—
 ▽合板用スギ丸太、今年50万m3は確実
 ▽スギは北洋カラマツより安い
 ▽強度の弱さをカバーするさまざまな工夫
 ▽輸入合板、MDF、OSBとの熾烈な競争

【緑風対談】
◆改革加速 悩ましい課題2つ  特別会計見直しと三位一体
 ▽自民党の特別会計見直しPTは11月に基本方針
 ▽錯綜する見直しの動き、森林保険にシビアな視線
 ▽補助金削減に依然隔たり、難問は公共の「宿題」

【地方のトピックニュース】
◆福島県が森林環境税で市町村に交付金 地域の独自性重視、効果的配分狙う
◆飯山市で第1回セラピー基地全国サミット 実験受け入れの留意点など巡り情報交換
 ▽一般向けシンポ「森が人間本来の免疫力を引き出す 」
◆金物なしの伝統木構法に「柔」の強さ 工務店主催の木造壁体試験で証明
◆「県民の森」にドライビングシアター、油木自治振興区
◆山菜・キノコを守れ! 住田町民に監視を委嘱
◆四国局のシステム販売が好業績、委託品より高値を実現
◆「ゼロ災」目指し北海道で労災防止大会、死亡災害多発に危機感
◆文化資源としての「森遊び」を、 近畿中国局が里山シンポ開催

【グローバル・ウォッチ】
◆韓国が「森林吸収源基本計画」策定 整備面積を拡大
 ▽将来の排出削減義務にらみ、625万haを吸収源に
 ▽経済危機時の失業対策で森づくりに高評価

【りんせいダイアリー300秒】
◆田中惣次氏(東京都檜原村)に天皇杯
◆近畿中国局「ヤシャゲンゴロウ」を増殖
◆17年度白書は「国民全体で支える森林」
◆8都県市首脳会議が花粉症対策で要望
◆白神山地で「第2回世界自然遺産会議」
◆飯田市内に市民出資のおひさま発電所完成
◆三重県水素エネ戦略会議が11月8日に発足
◆林野公共事業コスト縮減、昨年度は30億円

【表 紙】「木づかい応援団」に委嘱されているプロ野球マスターズリーグが、11月3日の開幕を前に東京都中央区のホテルで記者会見(10月17日)。国産材利用キャンペーンを展開すると発表した。開幕試合の始球式では、スギを圧縮成形しロクロで削り上げた「木のボール」を使うことにしている。

【広 告】スカイキャリージャパン株式会社