林政ニュース第290号

林政ニュース第290号


品切
発行日:2006年04月05日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆行政減量有識者会議が「中間取りまとめ」 森林管理局全体の独法化などを求める
◆改正グリーン購入法始動、自主認定広がる 表示推進協は原産地等プラス合法性証明
 ▽合法性証明がないと即違法? 現場にとまどい
◆木材自給率7年ぶりに20%台回復、総需要量はダウン
◆次期「森林・林業基本計画」の検討課題は3つ

【緑風対談】
◆恒例・林野庁春の定期人事異動解説 600人が動くもメインラインは1つ
 ▽小振り異動だが暫定ポスト廃止でやりくりに苦心
 ▽治山課長に矢部氏を登用、「攻め」を期待
 ▽秋田県森林技監が交代、広島は農林整備局長に
 ▽大分4年の中井氏復帰、小原企画官の手腕に注目

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆国産材利用へ、銘建工業の新たな挑戦・下

 ▽副産物が売れないと丸太の価値は上がらない
 ▽植林放棄は「盗伐」、役物バブルが甘えを生んだ
 ▽丸太が足りず玉突き現象、植林木は益々貴重になる

【地方のトピックニュース】
◆東京都がスギ林植え替えで募金運動開始 「多摩産材」認証制度も、18年度25ha
◆群馬県が全額県費負担の間伐事業を導入 1ha10万円を定額補助、来年度600ha
◆奥会津に森林生態系保護地域設定へ 国内最大8万ha、周辺にコリドーも
◆山梨県が間伐事業の所有者負担に交付金 水力発電の繰入金で「環境公益林」整備
◆人工林木曽ヒノキの「強さ」を実証データで確認
◆熊本県が農林水産部を新設、林務関係は1課減
◆キラリと光るこの会社 (有)門脇木材(秋田県仙北市)

【大森健司の木造道場】足腰の強い家を造る!⑤
◆基礎を決める・その四——土間式コンクリート造基礎
 ▽100年住宅には不向き、ベタ基礎と混同するな
 ▽「根入れ深さ」が浅いと基礎にならない
 ▽工事費は安くなるが、手抜きの家造りになる

【グローバル・ウォッチ】
◆論議呼ぶ米国の国家環境政策法 改善の提言案まとまる
 ▽廃止ではなくプロセスの明確化が焦点
 ▽NEPAが足かせの指摘も、改正巡り賛否両論

【りんせいダイアリー300秒】
◆メキシコで世界水フォーラム、日本も参加
◆公庫「金融問題検討会」が公社対策で提言
◆育種センターがスギ遺伝子組み換えに成功
◆知の拠点・農林弘済会の資料相談室が閉店
◆今年度の樹木医選抜試験の日程など公表

【データ・ファイル】林野庁関係4月人事異動一覧
 
【表 紙】木曽ヒノキの強度実証試験

【広 告】国土防災技術株式会社