林政ニュース第291号

林政ニュース第291号


品切
発行日:2006年04月19日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆民有林直轄治山事業の一部移譲が決定 北海道道州制特区法案、今国会提出へ
◆花粉症データ問題で林野庁室長ら5人処分 調査チーム報告書と再発防止対策も公表
 ▽解説“けじめ”に必要だったのは反省と忍耐
◆日本初、6箇所の森林セラピー基地を認定 セラピーロード4箇所、生理実験踏まえ
◆国有林材に合法性証明、4月1日から実施 フェアウッド・キャンペーン、調達でも
◆団体認定続々、全森連も県レベルで、25日に合同説明会
◆「国民全体で支える森林」を特集、17年度『白書』公表

【緑風対談】
◆「新生産システム」のモデル11地域決定 大手参画で群雄割拠、鍵は山への還元
 ▽18地域が立候補、「辛い選択」で絞り込む
 ▽先進性などを採点評価、有力地域の横顔を見ると…
 ▽西村座長「再生産可能な材価に戻すのが目標」

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆北京で進む「未来の家プロジェクト」・上

 ▽約2万坪の展示場で各国のモデルハウスが競う
 ▽売れ筋価格帯は2億円、和魂洋才で勝負
 ▽省エネに関心、当たれば「値千金」の商機到来

【地方のトピックニュース】
◆丸玉産業が東京向け出荷で鉄道利用 グリーン物流でCO2排出4分の1
◆熊本でスギ集成材工場新設へ協議会発足 課題は原木確保、銘建工業(株)も参画
◆木くずから低コストエタノールを製造 ジュオン(広島市)が商船三井に販売
◆間伐材漁礁で集魚効果アップ、山口県が実験で確認
◆都の花粉対策がスタート、青梅の合同庁舎に花粉対策室
◆地元の山は自分で守る、「菊地ふるさと監視隊」を組織
◆森林環境教育推進で青森事務所と「三陸森の会」が協力
◆山梨県が「森林セラピー推進指針」を作成
◆「ちびっ子棟梁」が大活躍! 静岡県木連の新パンフ

【人事・消息】日本木材青壮年団体連合会会長、日當和孝氏から角博氏へ交代
 

【大森健司の木造道場】足腰の強い家を造る!⑥

◆基礎の善し悪し再チェック——消費者の立場から
 ▽傾斜地など安い土地には落とし穴がある
 ▽素人でも確認できることをプロが忘れている
 ▽“親父さん”の知見伝承が本当の「基礎」づくり

【グローバル・ウォッチ】
◆大径材から小径材にシフトする米国北西海岸地域
 ▽工場閉鎖など痛手は深刻、往時の面影まったくなし
 ▽小径低質材の高効率生産に活路、年26万m3の工場も

【りんせいダイアリー300秒】
◆日本森林管理協議会のNPO化へ設立総会
◆森林官が廃棄物不法投棄、中部局が処分
◆やま・もり再生ネットの支援対象に4件
◆林業関係広報コンクール入賞作品が決まる
◆先進事業者の泉忠義氏に森林利用学会賞
◆木材輸入総額減少(2005年)、中国からは増加
 
【表 紙】ジャパンエナジー林野庁長官を表敬訪問

【広 告】(社)全国木材組合連合会