林政ニュース第299号

林政ニュース第299号


在庫あり
発行日:2006年08月30日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆来年度林野予算要求は15.8%増の4662億円 国有林は4732億円、環境税3年続け要望
◆新「森林・林業基本計画」を農相に答申 林業再生など、施策再構築の方向示す
 ▽全森計画も変更、間伐材積3割増、造林面積2割減
◆17年度国有林決算は26億円の収入超過 土地売り収入減少、林産物は8億円増 

【緑風対談】来年度林野庁予算要求の有力目玉を探る 次長プロジェクト、100年の森林など
 ▽林野公共は省内ダントツの19.2%増
 ▽施業集約化、素材コーディネートなど新規続々
 ▽交付金も集約型に変更、ha1万5000円で支援
 ▽低コスト作業を開発・普及、C材含め「新利用」
 ▽50か所に「100年の森林」、治山は民・国連携で

【遠藤日雄のルポ&対論】外材供給拠点で国産スギを利用・シーアイウッド(株)
 ▽首都圏マーケットにジャストインタイムでデリバリー
 ▽乱尺ラミナ対応でコスト減、多様化するニーズに即応
 ▽国産スギのラミナでも専用埠頭で受け入れ可能

【地方のトピックニュース】
◆神奈川県が丹沢大山の保全で基本構想策定 自治体主導で最大規模の自然再生事業に
 ▽人工林再生など8課題、6原則、3再生手法示す
◆松くい虫被害が青森県の隣接地で発生 北上阻止へ秋田県・東北局と緊急対策
◆中国木材、鹿島新工場を主力生産拠点に 月15万m3の原木消費、効率大幅アップ
◆三陸木材がバイオマス発電事業スタート 来年3月、産廃中間処理の認可取得も
◆新興工機(松山市)が小型のペレタイザーを発売
◆山梨県産FSC材で神奈川県内に健康配慮住宅を建設
◆10月に広島で木材産業振興大会、トップ企業4社長が講演
◆9月1日から「飛騨の匠」ワールド、高山市で開催

【ルポ・都城(宮崎県)】中堅製材業を支える好調「オガ粉」販売
 ▽m3当たり1300円で、つくれば売れる
 ▽オガ粉が止まると製材も止まる、地域循環の要に

【グローバル・ウォッチ】
◆シベリアの森林100万haを中国投資家にリース
 ▽貸与は25年以上を想定、投資規模10億ドルの加工施設整備
 ▽木材不足の中国が資金不足のロシアに進出する構図
 ▽適切な森林管理に懸念、「黄禍」とみる拒否反応も
◆札幌でモントリオール・プロセスとFAOの国際会議を開催

【りんせいダイアリー300秒】
◆8月8日付けで農林省№2審議官が交代
◆設立60周年を記念する会開催、林野弘済会
◆「みどりの月間」「みどりの学術賞」創設
◆39都道府県木(協)連がG購入行動規範
◆特用林産生産額2771億円、4.8%減
 
【人事・消息】住木センター理事長に岸氏

【表 紙】林政審議会、新しい「森林・林業基本計画」答申

【広 告】森を育む紙製飲料容器普及協議会