林政ニュース第302号

林政ニュース第302号


在庫あり
発行日:2006年10月11日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆農林水産大臣に元林野庁広報官の松岡利勝氏 「環境税は難しい」道路財源など視野に
◆国有林野事業特別会計改革検討室を設置 整理合理化法案睨む、焦点は債務処理
◆「提案型施業」全国普及へ、9か所でブロック会議開催
◆平成17年の木材自給率は20.0%で確定
◆10・1林野庁人事異動解説 出色は猪島氏の環境省室長起用

【ビジネスリーダーに聞く】 西村仁雄・(株)西村木材店社長
 ▽年5万m3の原木消費へ、半径250kmが集荷圏
 ▽エンドユーザーの声を聞き、スペック重視に
 ▽欧州のシステマティックな製材を学ぶべき
 ▽ハイブリッド乾燥にメド、工場移転で生産性向上

【遠藤日雄のルポ&対論】続報・北京の「未来の家プロジェクト」
 ▽躯体と外装は完了、一足早い施工ペース
 ▽先進の技術力を踏まえ、国産ムク材にこだわる
 ▽来年4月に各国のモデル住宅出揃う、日本に高評価
 ▽団地開発など商機続々、現地生産で価格差克服

【地方のトピックニュース】
◆屋久島国有林の人工スギ材、島外初出荷 新栄合板工業(熊本)にシステム販売
◆スギの新耐火被覆技術で国交大臣認定取得 高層建築に活路、三重県センターが開発
◆林材・建設企業が「秋田スギ夢工房」設立 LLP制度活用、秋田スギの利用促進へ
◆大阪府が間伐材製品などリサイクル製品を認定
◆金沢市がナラ枯れ対策、市民による活動も支援
◆初の本格的森林セラピーツアー、山形県小国町で実施
◆栃木県が県産材住宅の施主に柱や内装材をプレゼント
◆パイロットフォレスト造成50周年記念の「育樹祭」開催

【短期連載】安くて長持ち・四万十式道づくりの基礎と応用
◆第1回 厄介者の根株や表土が盛土補強材に驚異の変身
 ▽盛土法面の傾斜が60〜70度でも問題なし
 ▽施工後3年で植生回復、補強効果は永久的

【グローバル・ウォッチ】ドイツBW州の森林行政改革 2005年の「決算」
 ▽風倒処理が終わり伐採量が正常化、06年は微増予測
 ▽州有林は46ユーロの赤字だが経営努力も
 ▽直面する3つの課題、担当大臣主催会議で議論

【りんせいダイアリー300秒】
◆目立て名人・故永戸氏のブロンズ像完成
◆加藤元長官招き25日に日南町林業まつり
◆四国山の日賞に7団体、11月11日にシンポ
◆「森林循環フェア2006」を横浜で開催
◆今年度グリーン賞は振動障害防止の山脇氏
◆「住生活基本計画」を閣議決定

【木のあるくらしご案内】木のうちわで和む

【人事・消息】
◆8月に退官した木下氏が農畜産業振興機構理事長に
◆全国食用きのこ種菌協会役員交代

【表 紙】山形県小国町「森林セラピー実践パイロットプロジェクト」開催

【広 告】日本林業土木株式会社