林政ニュース第304号

林政ニュース第304号


在庫あり
発行日:2006年11月08日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆京都議定書目標達成促進チームが再始動 焦点は道路財源、森林整備追加額を検討に注目
◆自民党に木材輸出促進プロジェクトチーム コスト競争力、逆輸入阻止などが課題に
◆日中林政トップの第2回定期対話を東京で開催
◆中国が割り箸、チップなどに10%の輸出関税
◆リグノフェノールで抗アレルギー製品も、舩岡教授らがシンポ

【緑風対談】来年度林野庁予算要求の見通しは?
◆局議指摘事項の要点 非公共事業
 ▽最大目玉の「次長プロジェクト」は順調
 ▽エタノール製造を推進へ、再チャレンジ上乗せ要求
 ▽木材輸出支援に注文、山村塾などは類似事業と総合へ

【遠藤日雄のルポ&対論】院庄林業のブランド力と競争力・上
 ▽ヒノキ6m柱で独走、「乾太郎」は13万〜14万円/m3
 ▽「縁を切る」「養生」が品質管理のキーワード
 ▽住宅メーカーからのクレームを通じブランドを磨く

【地方のトピックニュース】
◆協和木材の新工場完成、国内最大規模に 年間13万m3強の原木消費、塙町で始動
◆広島市で第41回全国木材産業振興大会 トップ4社社長が国産材への期待語る
◆長野県産材の販路開拓員「レップ」が首都圏で活動開始
◆米国産の広葉樹で美容室をリフォーム——東京・府中市
◆全国選抜の12森林組合でレベルアップ研修——農林中金
◆秋田で木偏のNGO・NPOサミット、地域再生を議論
◆森林セラピー基地候補第3期募集、11月16日に説明会

【ル ポ】「平成の大合併」再出発の現場から 三重県宮川村(現・大台町)
 ▽柱は「森林環境創造事業」、強度間伐推進
 ▽出材増を睨み木造キット住宅で新規用途開拓
 ▽「育人」で気を吐く藤原林業、100年の森林をつくる
 ▽異色の地域おこし目指す「大杉谷地域再生機構」

【短期連載】安くて長持ち・四万十式道づくりの基礎と応用③
◆第3回 急がば回れ! 表土ブロック積工法の施工方法
 ▽床掘りが盛土の基礎に、バックホウは斜めに前後させ転圧
 ▽岩石や根株は洗越工に流用、路側の立木も補強材になる

【木のあるくらしご案内】四万十ヒノキのテーブルウェア「ZEN PLATE」

【りんせいダイアリー300秒】
◆今年度天皇杯は気仙木材加工協同組合連
◆8年ぶりに合祀者ゼロ、林野庁慰霊式
◆ヨーロピアン・ウッド・デーに300人

【人事・消息】林野庁人事異動(11月1日付け)

【表 紙】第41回全国木材産業振興会の模様

【広 告】スカイキャリージャパン株式会社