林政ニュース第352号

林政ニュース第352号


在庫あり
発行日:2008年11月05日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】業界大手・森産業(株)の最新のシイタケ菌床生産システム

【ニュース・フラッシュ】
◆林野2次補正は路網整備が柱、追加対策で 建設業者の参入促し、基幹的作業道開設
◆チップの内外価格差解消、原木出材増など要望——国製協
◆森林国営保険で未払い判明、福井県で約1千万円
◆温暖化防止に木炭の活用を!——英国の国際会議で議論
◆ロシア丸太税引上げの見直し求めるが進展なし、政府間会合
◆次期「全国森林計画」閣議決定、来年4月からスタート

【短期集中連載】再造林放棄地はなくせるか!—過伐との戦い—(4)
◆対策を考える・その2——民間の取り組み 自主基準、植林支援、低コスト造林
 ▽宮城・島根で合板メーカーが資金拠出、m310円〜100円
 ▽低コスト粗植造林など育林の技術開発にようやくメス

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆N&EとC材・MDF活用協議会の原料確保戦略
 ▽MDF原料の安定確保へ、C材の供給目標1万m3
 ▽補助なし間伐でチップ工場着値は6,500円/m3
 ▽協議会からの間伐チップ納入は月1,700トンに増加
 ▽戦略商品はNEOボード、ヒノキチップが増えていく
◆バイオマス燃料化で森林をカスケード利用・兵庫貿易

【地方のトピックニュース】
◆道内最大の「十勝広域森林組合」が発足 原木調達難で新工場の稼働開始に遅れも
◆齋藤木材工業がハイブリッド集成材を開発 北米カラマツ+国産カラマツで高強度に
◆アイ電子工業(栃木県)が移動式ペレット製造機を開発
◆金沢市が「林業大学」開講、林業担い手を2年間かけて育成
◆長野・新潟県境に総延長80kmの「信越トレイル」全線開通
◆スギ間伐材で軟弱地盤の沈下を防止、福井で初の実験
◆消臭・害虫予防に100%天然素材の「ひば芳香剤」発売

【先端ルポ】
◆シイタケ菌床生産大手・森産業の超近代的工場
 ▽タイムロスを最小限に抑える「連続式菌床製造システム」
 ▽「安心・安全」当たり前、全国のホームセンターに出荷

【りんせいダイアリー300秒】
◆小澤普照・元林野庁長官に瑞宝重光章
◆日本木材加工技術協会が60周年シンポ開催
◆四万十式は進化する—グリーン賞の田邊氏

【広 告】全国木材組合連合会