林政ニュース第357号

林政ニュース第357号


在庫あり
発行日:2009年01月28日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】(社)海外産業植林センターが10周年記念講演会を開催

【ニュース・フラッシュ】
◆国有林改革・森林保険の法案提出微妙に 国有林独法の名称は「日本森林整備機構」
◆森林所有者へ総額1千億円の直接支払い 民主党が農林漁業再生改革法案を提出
◆カーボン・オフセットの対象に「森林吸収」 森林経営と植林プロジェクトの基準作成
 ▽CSRに国がお墨付き、企業の削減義務達成には使えず
◆24都道府県が森林・林業で雇用創出——林野庁調査
◆金融危機影響対策本部と原料転換促進協議会を設置

【危機はチャンス】ニュービジネスの開拓者に聞く
◆木質系粗飼料「ウットンファイバー」で林業と畜産を融合——山口秀樹・宮崎みどり製薬(株)社長
 ▽スギチップの繊維で牛が健康に、採算ベースにのってきた
 ▽飼育期間を2カ月短縮、全国展開で山に利益還元する

【緑風対談】
◆来年度林野予算の目玉をみる(1)森林整備 地財措置と定額助成事業で地方負担軽減
 ▽21.5万ha分の追加間伐予算確保、問題は実行
 ▽雇用創出・民有林整備・臨時交付金など地財拡充
 ▽定額助成は総額203億円、路網整備に2倍の要望

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆変動する市場に即応する!木脇産業の成長戦略・下
 ▽原木市場の“未来形”、月7千m3のストックヤード
 ▽20年ぶりにチッパーを新調、D材まで使い切る
 ▽中小工場のレベルアップは3万m3がボーダーライン
 ▽スギの販路開拓に好機到来、首都圏に再挑戦する

【地方のトピックニュース】
◆山口県がふるさと条例制定、地産地消促進 全産業対象は全国初、県産材利用に弾み
◆鳥取県が鳥獣害対策で「イノシッ士」養成 3年間で50〜60名、地域密着の体制強化
◆和歌山県林試がビニールハウスを利用し木材乾燥実験
◆新製品 チップ選別機 三蓉エンジニアリング(広島県)
◆「やまなしCO2認証制度」創設、2月9日にフォーラム
◆国産スギの集成フリー板を中国から逆輸入——クボデラ

【シンポから】
◆リグノフェノールの船岡プロジェクトが総決算
 ▽循環型社会を先導する画期的新素材に世界も注目
 ▽競争力低下のフィンランドもリグノフェノールに活路
 ▽農場と森林は「持続的分子農場」、ニュービジネス立ち上げへ

【りんせいダイアリー300秒】
◆森林セラピー検定6月に試験、受験生募集
◆知床世界自然遺産シンボルマーク募集
◆林政審議会の委員改選、公募含め7人新任
◆白須事務次官が農林水産省顧問に
◆2月25日に上下流連携シンポを都内で開催

【新刊案内】『鹿肉食のすすめ 日本人は鹿肉で救われる』

【広 告】日本林業土木株式会社、日鐵住金建材株式会社