林政ニュース第368号

林政ニュース第368号


在庫あり
発行日:2009年07月08日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】北秋田市坊沢地区のに完成した「木質バイオエタノール製造実証プラント」

【ニュース・フラッシュ】
◆全森連の新会長に宮崎繁則氏(佐賀県) 副会長に矢口氏、常務理事に梅野氏
 ▽若返り路線で会長交代、求心力回復、新機軸展開が課題
◆林業公社支援に第三セクター等改革推進債 総務・林野・地方代表の検討会が報告書
◆国有林労使、交渉の簡素・迅速化で合意 件数・時間を縮減、国民目線で洗い直し
◆森林と生物多様性保全の方針がまとまる COP10に向け、森林計画の透明化を
◆排出量取引で木質バイオの申請増える、三井物産など
◆「学校の木造設計を考える研究会」が検討スタート
◆美しい森林づくり全国会議に麻生首相が出席

【緑風対談】
◆自民党が国有林独法化「凍結」を決議 総選挙もからみ混沌とした状況に…
 ▽経済危機を脱するまでは先送りを、価格基金PT
 ▽公的森林整備検討チームも当面「凍結」で足並み
 ▽木材利用推進法案に「凍結」追記、だが国会は…

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆消費者目線で不況を超える! 平田・ナイス社長の展望(上)
 ▽「革命は辺境から」、関東初の市売りが世に問うたこと
 ▽「市売商報」の革新性を継承、変化への対応力が鍵
 ▽石破農相に、国産材の利用促進を提言
 ▽見映えより品質・性能、国産集成材は有望

【突撃レポート】
◆スギ製材から2×4部材供給へ 松島木材センター
 ▽新製材ライン完成、4交代・350日稼働体制に入る
 ▽最小部材に付加価値、「ウォーターホール瓦桟」がヒット
 ▽瓦桟の端材から割り箸、目標は「歩止まり100%」
 ▽全国初となるスギのスタッド、今夏から本格生産へ

【地方のトピックニュース】
◆北秋田市に木質バイオエタノールプラント 初のアルカリ蒸解法施設、課題はコスト
◆愛媛県が森林環境税の引き上げを検討 個人5百円→7百円、法人5%→7%
◆東北局が携帯電話で白神山地の監視強化 ネット上に「森林情報ポスト」を開設
◆NZの森林吸収枠でオフセットツアー、石垣市商工会
◆最上町で「芭蕉の森づくり」スタート、植樹祭開催
◆アミタが那須に「森林ノ牧場」、7月25日オープン

【りんせいダイアリー300秒】
◆宮崎みどり製薬創立50周年、多彩な来賓
◆全国のペレットストーブが1万台突破
◆木造武道場建設を支援、日集協が相談窓口
◆バイオマス活用推進基本法が成立

【広 告】日本林業土木(株)