林政ニュース第372号

林政ニュース第372号


在庫あり
発行日:2009年09月09日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】「木のまち・木のいえ推進フォーラム」が第2回リレーフォーラム開催

【ニュース・フラッシュ】
◆来年度林野予算、混沌の中4,433億円を要求 国有林は一般会計化の1,968億円のみ計上
 ▽解説 視界不良で国有林改革先送りも、懸案は基金凍結
◆民主大勝で林政関係議員も様変わり 自民の大物去り、新たな関係に模索
◆スギ型枠合板検討委が中間まとめ、強度性能の向上など

【緑風対談】
◆9・1林野庁人事異動解説 九州局長・東北局長が交代
 ▽異色の技官・山田氏勇退、北海道局長に山﨑氏
 ▽古久保氏が東北局長、職員・厚生課長に奥田氏
 ▽環境影響評価課長に花岡氏、逸材の伊藤氏が退職
 ▽近畿中国・四国局の計画部長がそれぞれ交代

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆国産材製材の“進化”を後押しする百井鋼機
 ▽米ツガを凌駕、WW(ホワイトウッド)とは拮抗状態にある国産材
 ▽欧米はチップ生産優先の製材システム、日本に合うか?
 ▽歩止まりアップ、切削速度向上など着実に改善

【短期集中連載】苗木革命が始まった! 低コスト造林への挑戦(2)
◆コンテナ苗の特長をみる──ポット苗との違い
 ▽小型化・軽量化により持ち運びが容易に
 ▽根の変形・根巻きをリブで解消、「空気根切り」も

【地方のトピックニュース】
◆とちぎ版オフセット、植樹ポイントなど 「環境立県戦略」策定へ、素案を示す
◆広島で産学官連携バイオマス推進会議発足 有望分野を選定し研究・事業化を支援
◆オーダーメイドトレッキングで森林の癒し満喫
◆島根県緑化推進委が企業と森林所有者の「縁結び」事業
◆オホーツク中央森組が民有林の森林認証取得を代行

【突撃レポート】
◆賃加工プレカットで急成長するテクノウッドワークス
 ▽大連でCAD入力、提案力の基盤に70名の設計スタッフ

【シンポから】
◆タマホーム、ミサワホームが明かす国産材活用戦略
 ▽国産材比率50%超、金物とムクの2本立ても展開
 ▽トーセンは6月からタマホームに納入、地域連携が課題

【りんせいダイアリー300秒】
◆内藤前長官が再就職、白須前次官は水産会
◆常務理事交代、コンサルが寄付─国土緑推
◆日本森林林業振興会の会長に箕輪光博氏
◆元近中局長の梅津氏が酒田市長選に出馬
◆乾燥材出荷量281万m3、シェア24.2%
◆ナイスが小牧市場で国産材トータルフェア

【データ・ファイル】林野庁9月人事異動発令者一覧

【広 告】国土防災技術(株)