林政ニュース第394号

林政ニュース第394号


在庫あり
発行日:2010年08月04日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】7月20日に北海道紋別市内で、セミナー「SGEC森林認証材ネットワークの構築に向けて」を開催

【ニュース・フラッシュ】
◆林野庁長官に皆川芳嗣氏、次長に沼田氏 林政・国有林部長、東北・四国局長動く
◆フォレスター・プランナーの骨格固まる 人材育成検討委員会が中間とりまとめ
◆再生可能エネルギー全量買取の経産省案 バイオマス発電も対象、15〜20円/kWh
◆公共建築物等への木材利用で団結、木材会館に大臣賞
◆木橋監理士を新設、アセチル化木材「アコヤ」を紹介

【緑風対談】
◆真夏の林野庁人事異動解説 長官交代・首脳陣を一新
 ▽突然の長官異動に驚き、大臣官房付も異例
 ▽“たすき掛け”を踏襲し、皆川—沼田体制がスタート
 ▽林政部長に末松氏、国有林野部長に古久保氏
 ▽計画は本郷氏、経企は鈴木氏、木産課長に渕上氏

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆産地連携の次世代モデルをつくる安成工務店・上
 ▽日本初の地域集中冷暖房「安岡エコタウン」の挑戦
 ▽新建材、輸入住宅から原点回帰、地域の「木造」で成長
 ▽自然素材型住宅に活路、国産ムク市場を開拓
 ▽「現し」基本に洋風・和風を柔軟に、産地連携がカギ

【突撃レポート】
◆300年林業に向けて再スタートを切った日本土地山林
 ▽偉人・原六郎が創始、かつては山と工場で200人雇用
 ▽3年前に専門職員を新規採用、高性能機械も揃え林業再開
 ▽環境経営実現へ森林認証・CoC取得、来年は創立80周年

【地方のトピックニュース】
◆IHI建機が新型フォワーダで林業に参入 欧州型キャビンでオペレーターの負担減
◆税導入したが県民の4割が「森林づくり進まず」——長野
◆徳島県が「次世代林業プロジェクト検討委員会」
◆「プラチナ企業の森」第1号、下川町と日経フォーラム
◆四国森林管理局が第6回森林の俳句コンテスト作品を募集

【セミナーから】
◆発足7年目のSGEC、次のステップはどうなる?
 ▽ダブル認証方式を提案、欲しいのは“変化しない木”
 ▽更新期迎え落ちこぼれも、情報ステーションの整備を

【りんせいダイアリー300秒】
◆森林総研に「REDDプラス」の総合拠点
◆8月27日に「第1回森林環境教育映像祭」
◆中国での生活環境林造成に対して助成
◆森林防疫奨励賞長官賞に長野県の岡田氏
◆SGEC認証材を使っていれば住宅ローン優遇、道銀

【事務所移転】
◆住木センターが本部事務所を移転

【新刊紹介】
◆林知行著『今さら人には聞けない 木のはなし』

【データ・ファイル】林野庁7月30日・8月1日付人事異動発令者一覧