林政ニュース第404号

林政ニュース第404号


在庫あり
発行日:2011年01月12日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】林業関係団体賀詞交換会が1月4日、都内の三会堂ビルで開催された

【ニュース・フラッシュ】
◆来年度林野予算案は5・4%減の2720億円 国有林は今年度並みの4500億円を計上
◆ロシア丸太輸出関税引き上げ、今後も「なし」の公算
◆ログハウスは3階建てでも地震に強い! 実大実験で照明
◆「発展する道は無限にある」——東木協賀詞交換会
◆平成21年のおが粉生産量は428万m3、国産材率76%

【緑風対談】
◆来年度林野庁予算の仕上がりをみる マイナスの中、「プラン」に重点
 ▽苦心のやりくり、総動員で56万haの間伐を実施
 ▽面的まとまりは「5ha」、搬出間伐は「原則として」
 ▽普及員数に合わせて交付金縮減、「ときには牙」も

【新春座談会】
◆山元に利益を還元! 兵庫木材センターが挑む“解”
 ▽高性能林業機械を無料で貸し出し出材量を増やす
 ▽間伐でha70万円の収入も、ニーズに合わせて伐る
 ▽合板用材も適正価格で購入、適材適所で価値を高める
 ▽私有林所有者との関係を最優先、山側で需給調整

【突撃レポート】
◆群を抜く国産材使用量・ウッティかわいと川井林業
 ▽年間20万m3、集成材工場で国内№1のウッティかわい
 ▽ラミナ生産の拠点・雫石工場の原木消費量は18万m3
 ▽南部アカマツを原料にした防腐防蟻処理土台を発売
 ▽「人のやっていないものばかり」の先見性で伸びる

【地方のトピックニュース】
◆10年後に素材40万m3供給、広島県プラン 低コスト団地推進、プランナー63人に
 ▽中核に中国木材の新工場、「外材県」が「国産材県」に
◆徳島県産スギ丸太を台湾に初の試験輸出 土木用に2200本、瀬崎林業が仲介
◆三井ホームが都内最大の2×4木造2階建て施設を建設
◆宮崎県「ひなもり台ふれあいの森」に太陽光発電パネル
◆九州局が『シカの好き嫌い植物図鑑』など3点セット作成
◆「協同組合やまがたの木乾燥センター」が発足

【技術開発最前線】
◆木造ビルを増やせ! 日集協・LVL協会の取り組み
 ▽木質ハイブリッド集成材の使用促進、スギも大臣認定へ
 ▽厚板壁や1時間準耐火部材など開発、線材から面材へ

【りんせいダイアリー300秒】
◆大分県内初の民・国連携協定、民間2社も
◆高知市で高付加価値型森林ビジネスシンポ
◆1月18日に「森林分野COP16等報告会」
◆「木のデザイン」公募展2011の作品募集中!

【新刊案内】
◆米村公雄著『製材工場の経営管理』

【広 告】日本林業土木(株)