林政ニュース第412号

林政ニュース第412号


在庫あり
発行日:2011年05月11日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】東日本大震災の被災地(宮城県仙台市内)に堆積されている大量のがれきの処理と再資源化が課題になっている

【ニュース・フラッシュ】
◆震災復旧へ1次補正成立、林野は345億円 治山・林道施設復旧、がれき対策なども
◆「海岸防災林の再生に関する検討会」設置 「多機能海岸防災林」を軸に復旧策議論
 ▽「東日本大震災に係る海岸防災林の再生に関する検討会」委員
◆国産材の供給強化が喫緊の課題、『白書』 総需要ジリ貧に危機感、新市場開拓へ
 ▽話題を追う 改正森林法公布、政府原案と何が変わったのか?
◆国産材2×4部材のJAS認定10工場に 大手が相次ぎ取得、課題は価格競争力
 ▽国産材製材協会の新会長に佐川広興・協和木材社長
 ▽林野庁人事異動(5月1日付け)

【緑風対談】
◆被災地を救え! 1次補正の中身をみる 木材工場の復旧支援、がれき利用など
 ▽「多機能海岸防災林」造成に向けた緊急調査も実施
 ▽木材破砕機10台導入、原木輸送費補助にチップ追加も
 ▽仮設住宅が建たないのは合板不足のせい……?
 ▽がれき処理で木質バイオ発電、現実は課題山積

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆路網技術者養成の先陣を切る宮崎県治山林道協会
 ▽公募で集めた研修生を職員待遇で育成し正式採用へ
 ▽「林業には将来性がある」「安全意識が低いのに驚いた」
 ▽座学と現場の有機的連携がプロフェッショナルへの道

【地方のトピックニュース】
◆世界初のバイオコークス製造プラント誕生 石炭コークスに代替、6月メドに操業へ
 ▽復旧・復興用木材を一刻も早く被災地へ 各地の取り組み
 ▽臨時校舎・陸中海岸青年の家に秋田スギのパーテーション
 ▽栄村の住宅再建へ「長野県産認証合板」を確保、覚書締結
 ▽増産投資の半額を助成、徳島県が緊急支援策を実施 
◆「チームみやざきスギ」が始動、第1回推進本部会議開く
 ▽大分県人事 地元のエース・足立紀彦氏を審議監に抜擢
 ▽副知事には小風茂・農林水産省官房審議官を起用
◆岐阜森林管理署の新庁舎が完成、LEDライトを初採用
◆群馬県林業公社が民事再生法の適用申請、全国初
◆新生産システムのコンサルで実績、森林誌研究所が解散
◆土浦市の檜山木材が自己破産、震災の影響も

【りんせいダイアリー300秒】
◆森と海の連携で復興、5月22日にシンポ
◆「三重の林業」と「やまぼうし」が最優秀
◆緑化推進運動功労者表彰に又吉康仁さんら
◆森林美化活動コンクールの受賞7団体発表
◆新刊紹介 米田雅子・JAPIC編著『日本は森林国家です −産業界からのアプローチ−』

【訃 報】
◆稲葉清三さん、4月28日に死去
◆澤田正義さん、5月1日に死去

【広 告】スカイキャリージャパン(株)