林政ニュース第439号

林政ニュース第439号


在庫あり
発行日:2012年06月27日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】(社)日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)の森林再生事業化委員会は6月19 日に、「次世代林業システム・平成24 年度重点政策提言」を皆川芳嗣林野庁長官に手渡した。

【ニュース・フラッシュ】
◆発電用木質バイオマスのガイドライン作成 間伐材由来と一般木質は証明書やりとり
◆国産材エコポイント、「異種の道」を要望 JAPICの森林再生事業委が政策提言
◆行政レビュー、森林吸収源事業は一部改善 ODAは抜本的改善、一者応礼を問題視
◆プレカットCAD技術者の認定事業を開始 
◆人事解説 林野庁林政課長に山口英彰氏が就任
◆高木勇樹元次官の委員会が「もうかる森林産業」で提言
◆皆川長官が東京都の区長会で木材利用方針作成を要請

【緑風対談】
国有林の一般会計化法がようやく成立 歴史的転換で予算・組織はどうなる?
 ▽待たされ続けた末に可決、宿痾借金を切り離す
 ▽今でも8割は「一般会計化」しているのだが…
 ▽一般会計と重複する組織や業務は見直し対象に

【遠藤日雄のルポ&対論】
ビジネスモデルの転換を図る東京木材相互市場
 ▽問屋から個性が消えた、成功体験からの脱却が課題
 ▽当用買いが主体に、右肩上がりのときはすぎて…
 ▽時代に先駆けた「オレンヂシステム」の教訓
 ▽もう一度川上に遡り、需給調整機能などを果たす

【突撃レポート】
蒲鉾板生産でトップシェアを維持する島田空板工業
 ▽中小の生産者が共同で乾燥機と加工施設を整備
 ▽白くて臭いのないベイモミを使用、乾燥に独自ノウハウ
 ▽生産量減でもNo.1の地位は不動、小田原スギの利用を検討

【地方のトピックニュース】
◆丹沢山地のシカ対策で民間技術者を採用 3名のワイルドライフレンジャー誕生
 ▽ワナの設置や誘引捕獲など新手法を検討し実行へ 
◆釜石地方森組が復興住宅「森の貯金箱」 モデルハウス完成、仮事務所にも使用
 ▽住設機器の提案やJ-VER販売などで再起を支援
◆世界遺産の屋久島町が「新たな財源確保対策検討会」設置
◆美瑛町の王子製紙社有林で大林組と地熱発電共同調査
◆セブン&アイが森林整備支援プロジェクトを開始
◆群馬県が「水源地域保全条例」制定、全国で3番目
◆秋田市のアスクウッドが竣工記念式典開催、初出荷も

【林業ガールズコレクション】6 
学生ならではの発想で突き進む! 林業女子会@栃木
 ▽受け身の自分が就職期を迎えて心機一転
 ▽5名でスタートし、たちまち11名に勢力拡大
 ▽「林業を伝えていく」新しい表現や発想を求めて

【りんせいダイアリー300秒】
◆6月29日に経団連会館でRio+20シンポ開催
◆8か国11名の研修生が7月6日に発表会
◆7月12日に森・川・海のつながりシンポ
◆日本森林技術協会が中途・新卒の職員募集
◆林業女子会×LN21総会シンポを開く

【訃報】
笠原義人さん(宇都宮大学名誉教授)

【広告】
国有林森林鉄道全データ 東北編