林政ニュース第451号

林政ニュース第451号


在庫あり
発行日:2012年12月19日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
11月28日に大阪府和泉市の横山きのみ保育園で「木づかい祭」が行われ、腹話術人形が「森のお話」を披露した。

【ニュース・フラッシュ】
◆木材製品の炭素量を2015年から報告 森林吸収量も、COP18で義務化決定
 ▽温暖化防止のための木材利用に国際的な“お墨付き”
◆容量150ccコンテナ苗の供給増を図る 宮城県で成果発表会、普及拡大へ方針
 ▽エリートツリーのコンテナ苗が際立つ成長示す
◆耐火集成材「燃エンウッド」がエコプロダクツ大賞を受賞
◆選挙用ポスター掲示板に間伐材合板、導入自治体増える
◆CLTの専門家を招きフォーラム、JAS化は最短で来年度
◆オーストリアの林業学校関係者が来日し意見交換会

【緑風対談】
自民大勝で林政の有力議員が国政復帰 民主の元農相らは落選、勢力図が一変
 ▽西川公也氏、後藤茂之氏、西川京子氏らが続々と
 ▽林政シンパ同士が激突した悩ましい選挙区の結果は?
 ▽圧勝と惨敗の明暗がくっきり、川村元長官も落選

【遠藤日雄のルポ&対論】
協定取引を柱に規模拡大を進める持永木材
 ▽協定取引のシェアが5割に、3〜4社から常時購入 
 ▽工場着1万1500円を維持、同品質の丸太を確保
 ▽大径材、A・B込みも加えてウィン─ ウィンの関係へ

【地方のトピックニュース】
◆ナイス初の製材工場を小松島市に建設へ 来年春に着工、徳島県・市と覚書調印
 ▽強力な販売網をバックに一気通貫のシナジー効果を狙う
◆宮古市とトヨタなどがバイオ発電、熱・水素も供給
◆スイスのフォレスター養成校と総合農林が人材交流事業
◆被災木を「タコマツ」に再生・販売、森林整備に協力
◆「やまがた絆の森 東京ミーティング」に50社が参加
◆横山きのみ保育園で木づかい祭、いずもくプロを展開
◆全木連が西川林業地域で7回目の「ツアー&セミナー」

【若いチカラ】
「食」を切り口に鳥獣被害対策を進める「猪鹿庁」
 ▽NPO主催の教育キャンプで「シカ解体」を実演 
 ▽捕獲ゼロ、よそ者の壁を越え「猪骨ラーメン」がヒット
 ▽猟師を残すことがミッション、新メニューで協力者増やす

【りんせいダイアリー300秒】
◆ニッセイ緑の財団が年明けに仙台でシンポ
◆長野県木協連が土木杭利用のパンフレット
◆127名の森林インストラクターが誕生
◆日林協が来年4月に新卒採用、応募受付中

【新刊紹介】
田中万里子著『森林経営再生のためのグローバル時代の森林経営改革論』

【お知らせ】
次号『林政ニュース』(第452号)の発行日は、年明け(平成25年)1月16日です。